綺麗な首・顔のイボの取り方|皮膚科に頼らず自分でデキる対策3選

MENU

綺麗な首・顔のイボの取り方とは?

「首や顔に出来たイボ取りたい!」そんな女性のために、ここでは皮膚科に頼らないで自分でデキる対策を3つ紹介します。

 

首や顔にポツポツと出来ているイボには、老人性イボやスキンタッグ、脂漏性角化症などと呼ばれる、老化によって起こるイボがあります。

 

私たち人間の肌は老化によって、ターンオーバー(お肌の新陳代謝)が弱くなり、角質が蓄積されていくようになります。その蓄積された角質が隆起したのが老人性イボ(=スキンタッグ、脂漏性角化症)と呼ばれるものです。

 

つまり、あなたの首や顔に出来ているイボの正体は、角質だということです。ここで紹介する対策は、非常に簡単なので、綺麗な首・顔になりたい方は実践してみましょう!

 

皮膚科に頼らず自分でデキる対策3選

皮膚科に頼らないで自分でデキる対策を3つ紹介します!

 

イボ対策@:紫外線対策

老人性イボは、肌の老化によって起こります。紫外線は、肌の老化を早めてしまいます。そのため、老人性イボを対策するには、紫外線対策が欠かせません。日焼け止めや日傘、紫外線対策サプリなどのアイテムを使ってしっかりと紫外線対策を行いましょう。

 

また紫外線は目からも入ってきます。なので、サングラスで目を守ることも忘れないようにしましょう。

 

イボ対策A:保湿

お肌の乾燥は、お肌の老化を早めてしまいます。そのため、老人性イボが出来やすいお肌になってしまいます。なので、保湿を徹底して行うことが大切です。

 

美容の基本は、保湿です。保湿を疎かにしていたという方は、必ず保湿に力を入れるようにしましょう。

 

どんな保湿クリームを使えばいいのか分からないと言う方は、イボ対策Bで紹介するポツポツ専用クリームの利用がおすすめです。人気のクリームは、オールインワンジェルになっているので、ポツポツ対策と美容が簡単に出来て一石二鳥です♪

 

イボ対策B:ポツポツ専用クリームの利用

「ポツポツと言えば、コレ!」と言うようなポツポツ専用の人気クリームが販売されています。この方法が、すでにポツポツで悩む多くの女性が利用していて、満足度も高いので最もおすすめです。

 

 
艶つや習慣

20160121追加

艶つや習慣の特徴
  • あきらめていた女性がポロリと取れたポツポツケアNo.1クリーム
  • ポロリ成分ハトムギエキスを配合
  • 首元・目元・胸元、全身に塗ることができる大容量!
  • 角質ケアとスキンケアが同時にできるオールインワンなので忙しい朝でも簡単にポツポツケア完了!
  • お客様満足度97%だから、あなたも試してみる価値あり♪
価格 4,104円Web限定初回2,052円
評価 首のイボを取るジェルクリームの評価5
備考 ポツポツ対策商品としては大人気のクリーム!すでに23万個売れていて、それだけポツポツに悩む多く女性に好まれてきた人気クリーム!
自宅でケアしたい女性に最もおすすめなクリームです♪
 
 
シルキースワン

シルキースワン

シルキースワンの特徴
  • 首元美容ジェル!
  • ハトムギエキスを配合
  • しっとりが続くのにサラッとベタつかない!
  • バーベナの香りが特徴的!
価格 9,800円初回1,777円
評価 首のイボを取る方法−評価4
備考 艶つや習慣の次に人気の商品という印象がある!香りも楽しみたい女性におすすめ♪
 
 
アンミオイル

アンミオイル

アンミオイルの特徴
  • 顔と首のポツポツを滑らかにするアンミオイル!
  • 豊富に含まれるパルミトレイン酸が皮膚をやわらかく滑らかな肌に!
  • 油やけをしにくいように出来ているので安心!
  • すばやく皮膚に浸透して保湿!
価格 1340円初回980円
評価 首のイボを取る方法評価3
備考 トライアイセットは安めだが、本格的なコースは高めなので注意!
 

 

自宅での対策と皮膚科での治療のメリット・デメリット

皮膚科での治療にはメリット・デメリットがあります。そのため、自宅で対策したいという方も多いのではないでしょうか?皮膚科での治療には、次のような方法があります。

 

皮膚科での治療方法とメリット・デメリット

液体窒素

液体窒素を使った治療法です。メリットは保険が適応されるため、安価な治療費で済みます。デメリットは、@数ヶ月間の通院が必要なこと、A強い痛みが伴うことが挙げられます。

 

レーザー

レーザーでイボを切除する治療法です。メリットは、短期間で綺麗に取れることです。デメリットは、@保険が適応されないことが多く治療費が高いのと、A他の部位に出来てしまったら再度、治療が必要であることです。

 

外科的手術

メスなどを使ってイボを切除する方法です。メリットは、@短期間で取れることと、A保険が適応されることが多く、治療費が比較的安いです。デメリットは、@再発の可能性があること、A他の部位に出来てしまったら再度、治療が必要であることです。

 

自宅での対策と皮膚科治療の判断基準とは?

心配な方は、とにかくイボが出来たら皮膚科に行くのがいいでしょう。ですが、上記のように皮膚科治療のデメリットが嫌だという方は、自宅での対策を考えてみてもいいかもしれません。

 

その場合は、ポツポツ専用クリームを使ってみましょう!

継続的にエクササイズなどをして血流を滑らかにすれば、新陳代謝の不調もなくなり、より透明感が漂う美白が得られるかもしれないのです。

 

肌荒れを元に戻したいなら、有益な食物を摂るようにしてカラダの内側からきれいにしていきながら、身体の外部からは、肌荒れに有効性の高い化粧水を使用して強くしていくことが大切だと思います。

 

老人性イボに向けてのスキンケアは、完璧に洗って余剰の皮脂または角質といった汚れを除去した後に、念入りに保湿するというのが絶対条件です。

 

これについては、身体のどこに生じてしまった老人性イボだとしましても同様なのです。

 

肌にトラブルが生じている時は、肌へのケアはやめて、元から有している治癒力をアップさせてあげるのが、首のイボになる為には必須要件なのです。

 

生まれつき、肌には自浄作用のあることが分かっており、ホコリであったり汗は単なるお湯で簡単に落とすことができます。

 

大切な働きをする皮脂は残しながらも、悪い影響しかない汚れだけを取るという、理に適った紫外線対策を学んでください。

 

昨今は、美白の女性が良いと断言する人が多くを占めるようになってきたらしいです。

 

それもあってか、たくさんの女性が「美白になりたい」という願望を持っていると聞いています。

 

薬局などで、「クリーム」という名称で展示されている品だったら、大体洗浄力は太鼓判が押せるでしょう。

 

むしろ注意すべきは、肌に優しい物を購入すべきだということです。

 

一度の食事量が半端じゃない人や、そもそも飲食することが好きな人は、どんなときも食事の量を少なくすることを気に留めるだけでも、首のイボの獲得に役立つでしょう。

 

顔のイボが理由で窮している女性は相当数いらっしゃるとのことで、アンケート調査会社が20代〜40代の女性限定で遂行した調査をウォッチすると、日本人の40%以上の人が「自分自身顔のイボだ」と感じていることがわかります。

 

スキンケアにとりましては、水分補給が不可欠だとしっかり認識しました。

 

化粧水をいかに使用して保湿へと導くかで、肌の状態は言うまでもなくメイクのノリも全然違いますから、徹底的に化粧水を使用しましょう。

 

「美白化粧品に関しては、シミが出現した時のみつけるものと思ったら大間違い!」と念頭に置いておいてください。

 

連日のケアで、メラニンの活動を阻止して、シミが発生しにくいお肌を保持しましょう。

 

首のイボになろうと実行していることが、実際的には理に適っていなかったということも多いのです。

 

とにもかくにも首のイボ成就は、知識を得ることからスタートすることになります。

 

たいていの場合、シミは新陳代謝の働きで皮膚表面まで押し上げられることになり、遠からず剥がれ落ちる宿命なのですが、メラニン色素が通常以上に生じますと、皮膚に留まる形となりシミになってしまうのです。

 

昔から熱いお風呂の方が断然好きだという人もいることは分かりますが、度が過ぎて熱いお湯は肌にとっては百害あって一利なしで、肌の保湿成分と表現されている脂分を一度に奪い取ってしまうので、脂漏性角化症の一番の要因になってしまいます。

 

心から「紫外線対策せずに首のイボになってみたい!」と願っているなら、誤解しないように「紫外線対策しない」のリアルな意味を、ちゃんと修得することが大切だと思います。